介護職員初任者研修の資格取得

介護職員初任者研修について

介護職員初任者研修

2012年でホームヘルパー2級が廃止となり、2013年度(4月)から介護職員初任者研修という名称のものになりました。

これは法改正に伴い移行されました。
しかし学習する内容はホームヘルパーと変わりありません。改正以前にホームヘルパーを取得されている方は、それまで通りホームヘルパーの資格を所持しているとみなされ、今まで通り仕事をすることができます。
介護職員初任者研修を取得した方は、ホームヘルパー・施設のスタッフ・看護助手などの仕事に就けます。これまでのホームヘルパーを取得した場合と同じですね。

 

介護職員初任者研修とホームヘルパー2級の変更点が2つあります。
研修時間はホームヘルパー2級も介護職員初任者研修も同じ130時間です。
施設実習について、ホームヘルパー2級は実習がありましたが、介護職員初任者研修は実習がありません。
終了評価について、ホームヘルパー2級はありませんでしたが、介護職員初任者研修はあります。
終了評価とはテストのことです。これに合格しないと介護職員初任者研修の資格取得はできません。

 

スクールによるかもしれませんが、施設実習はなくなりましたが、現場体験実習としてのプログラムを設置している学校もあるようなので、これは職員として働く前に体験できていいですね。

 

介護職員初任者研修のスクールはさまざま

介護職員初任者研修のスクールはスクールごとに内容はさまざま。自分に合ったスクールを選ぶことが重要です。
複数のスクールの内容を比較して、一括資料請求ができるサイトが便利!
それがケア資格ナビです。

なぜ介護職員初任者研修に変更されたのか

介護職員初任者研修2

何年のも間、続いてきたホームヘルパーという資格が何故この度の改正で介護職員初任者研修に変更されたのでしょうか。

 

それは、国家資格の受験資格を得るまでのルートが複雑だったため、それらが整理され一本化されるためのようです。
今回の見直しにより、
介護職員初任者研修を取得

実務者研修

介護福祉士を受験・取得

認定介護福祉士(仮)
と、初任者からスペシャリストの資格を得るまでのルートが明確になりました。

 

介護職員初任者研修では、在宅や施設で働くうえでの基本的な知識や技術を学び、業務を実践します。初任者研修がなにより最初の資格になります。
介護福祉士は、利用者様の状態に応じた内容で看護師・リハビリ師など他職種との連携を行う為、幅広い知識や技術を習得します。その場に応じた的確な仕事を実践します。
認定介護福祉士(仮)は、生活に様々な障害を持つ利用者様に対し質の高いケアを行います。技術的指導を行ったり、キーパーソンとなりチームでのケアの質を改善します。

 

介護職員初任者研修を取得するには

いくつもの通信教育講座で介護職員初任者研修の取得が可能ですが、介護職員初任者研修の資格取得までの流れはホームヘルパー2級とほぼ同じです。介護職員初任者研修の大きな違いは施設実習がないことと、終了評価があることです。
それまでの流れはホームヘルパー2級講座と同じです。自宅学習と講義を受けます。テキストで自宅学習を行い、それと並行してスクーリングに出席して講義を受けます。

 

実技演習では、スクーリング会場で、ベッドや車いすなどの福祉用具を使用し、実際にケア技術を実践しながら学び身につけます。受講生同士が交代しながら、介助者役と利用者役を
体験することで、技術を学ぶだけではなくケアされる側の気持ちも経験できます。
この体験により、利用者様の気持ちに寄り添い、心遣いを学ぶのです。介護職員初任者研修ではこれらスクーリングの時間が今までの約2倍の90時間になっています。

 

実技演習では、食事介助や接遇、マナー、歩行解除や排泄介助などを学びます。
これは一例なので、他にも多くの実技を学びます。
最後に修了評価により評価されます。講座と演習で学んだことが身についているかをテストするのです。この修了評価に合格すると、介護職員初任者研修の修了証明書を受けられます。
これで職員として施設や在宅ケアなどの仕事に就くことができるのです。

 

スクールにもよりますが、介護職員初任者研修に合格できなくても、合格するまでサポートしてくれるところが多いです。
福祉系の国家資格ですと、不合格となると次回までまだ受験できませんが、この介護職員初任者研修の修了評価は合格するまでサポートしてくれるということは、安心してテストに臨めますね。

スクール選びは比較して選ぶのがベスト!

介護職員初任者研修のスクールは内容が皆それぞれ違います。自分の希望に近いところを探し出すのがポイント。
スクールの比較サイトなら、特徴が一目瞭然。気になるところだけ資料請求が出来ます。
価格も表示されていて、安心して選べるのはケア資格ナビ。日本全国対応です。